So-net無料ブログ作成

紫陽花の季節の帰省2017(1)久々の新大阪駅 [鉄道 Railway]

先月24日(土)から27日(火)までの4日間家族3人で九州の実家へ帰省していました。
今回は愛娘のリクエストで往復ともに新幹線を利用しました。

DSC00778.jpg
【乗り換え口の発車標】
こちらはJR西日本管理エリアのコンコースにあります。
金沢や博多と同じ仕様のフルカラーLED式を採用しています。
DSC00777.jpg
【液晶ディスプレイ式の発車標】
天王寺にあるのと同じ仕様です。
こちらは在来線乗り場のものです。
新大阪駅は乗り換え駅とあって国内外からの多くの乗客で賑わっていました。日本語だけでなく英語、韓国語、北京語など様々な言語が飛び交っていました。
在来線側では数年後に控えたおおさか東線の乗り入れに伴う改造工事が急ピッチで進んでいます。
今後はなにわ筋線の建設も控えていまして、南海電鉄の車両も乗り入れる予定です。
この頃には私は五十路突入ですね (^^ゞ

21番線に上がってみると…
DSC00788.jpg
【N700系R5編成】
20番線に停車していた鹿児島中央駅行きの「さくら551号」です。
JR九州所属の編成です。

20番線は新大阪始発の山陽・九州新幹線専用の乗り場です。そのため8両編成の列車が行き交うことになります。
DSC00790.jpg
【700系E8編成】
「こだま739号」に使用される700系8両編成です。
九州新幹線との直通列車のN700系8両編成が登場して以降はひかりとして使用される機会が少なくなり、現在ではこだま運用が主となっています。とはいえ当時は航空機との競争に対抗するために山陽新幹線に投入され、モバイルコンセントと大型テーブルが設置されたオフィスシート、コンパートメントなど多彩な設備を備えた車両で、乗客増に大いに貢献した列車です。
DSC00793.jpg
【N700A】
N700系16両編成です。
フリースペースがなく、子連れの場合は多目的室以外に逃げ場がないので泣き出した時などは往生しそうです。
JR九州の特急に乗っている事が多い私にとっては、ビジネス客主体の「のぞみ」(特に東海区間)は息苦しさを感じますね。あれで2時間半過ごすのはしんどいです。
DSC00791.jpg
【発車標】
ここも事実上「のぞみ大通り」です。広島や博多へ向かう「のぞみ」が圧倒的に多い中で、「みずほ」の表示があります。
IMG_2089.JPG
【N700系S編成】
少し遅れて21番線に「みずほ615号」が到着しました。
到着するやいなや、すぐに発車しました。
IMG_2093.JPG
【指定席】
4号車から8号車(6号車の半室はグリーン車)まで指定席です。
2-2列がけの座席です。中央のアームレストは上げることが可能です。今回はこの座席で2時間半ほど過ごすことになりました。
nice!(5)  コメント(4) 

nice! 5

コメント 4

まき

娘さんは窓からの景色に夢中だったろうな〜(*^◯^*)
by まき (2017-07-06 16:08) 

UZ

まきさん
景色もさることながら(特に明石から姫路間)、おやつに夢中になったりしてました。広島を過ぎてからは、泣いたり笑ったりと自由に過ごしてました。
もっとも泣いた時は多目的室へ避難させました。
by UZ (2017-07-07 23:44) 

Cedar

満席ののぞみに乗ってると、窮屈ですよね。仕事なら仕方ないですが旅の楽しさは皆無。子供連れなんかだと確かに大変そうです。
100系のDD車が懐かしいです。
by Cedar (2017-07-10 19:29) 

UZ

Cedarさん
ビジネス客主体の「のぞみ」に乗っていると息苦しさを感じますね。
旅の楽しさもなく、ただの移動空間では寂しいですね。
仰るとおり100系が活躍していた時代が懐かしいですね。
by UZ (2017-07-11 23:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。