So-net無料ブログ作成
検索選択
オピニオン Opinion ブログトップ
前の10件 | -

平成28年熊本地震に被災された皆様へ [オピニオン Opinion]

昨夜発生しました平成28年熊本地震により熊本県熊本市、益城町をはじめ甚大な被害が発生しています。
お亡くなりになられた方には心よりご冥福を申し上げます。
また、被害に遭われた方々におかれましては心からお見舞い申し上げます。

余震が続いているようですので、まだまだ油断ができません。
皆様、どうかくれぐれもご注意ください。

一日も早く、被災地の生活が平穏を取り戻せますようにお祈り申し上げます。

nice!(4)  コメント(0) 

阪神淡路大震災1・17のつどい [オピニオン Opinion]

今日は阪神・淡路大震災から22年目を迎えた日です。
神戸市中央区の東遊園地では「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開催されました。
DSC01122.jpg
【始発の普通・西明石行き電車】
207系で運行されてました。震災ではJR神戸線では多大な被害を受けました。特に高架化されていた六甲道駅は橋桁が崩壊していました。その後順次復旧して同年4月1日に全線復旧を果たしました。
私達を乗せた電車は西へ進むに連れて車内が混雑してきました。三ノ宮駅では多くの乗客が下車して東遊園地へと足早に向かって行きました。
DSC01123.jpg
【神戸関電ビルディング】
北面の窓明かりで「1.17」の文字を表現しています。
電力自由化の対応や高浜原発の再稼働などで社内が忙しい中での協力には頭が下がります。

DSC01156.jpg 
【1.17のつどいの案内】
竹灯籠が地震が発生した日付の「1.17」と「未来」という文字の形に並べられました。
発生時刻の午前5時46分に、黙祷を捧げました。
DSC01138.jpg
【水面に浮かぶ菊花】
慰霊と復興のモニュメントで献花してきました。
DSC01149.jpg
【マリーナ像】
市役所を背にしたマリーナ像です。
阪神淡路大震災で倒壊して像は復旧しましたが、時計は震災の記憶を永遠にとどめるために動きを停止した5時46分を指したままになっています。

阪神淡路大震災から今年で21年になりましたが、震災対策はなお途上のままです。
5年前に発生した東日本大震災では当時の民主党政権の混迷ぶりは脳裏に焼き付いています。阪神淡路大震災で政府与党の中枢にいた当時の首相の対応は何万回も全身を王水で洗浄しても足りないです。

災害は日本に住む限りは避けられないのが実情です。
防災対策だけでなく減災対策にも目を向けるべきです。
nice!(9)  コメント(0) 

夏の迷談 [オピニオン Opinion]

今日は頭を抱えてしまうような、そして悪い冗談かと思われるような記事を見ました。あたかも猛暑日が続く中での悪い冗談かと思いましたが…
実はこれ、「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」という元メディアの記者たち約50人が昨日(11日)行ったものです。歴代首相12人から募っていてそのうちの5人の提言を公表したものです。
その5人というのが、何と菅直人、細川護煕、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫の5氏でして、本当に総理の資格があった人が現職の安倍晋三総理にモノ申したものです。どこぞの新喜劇以上に抱腹絶倒ものです。

その中でも村山富市氏はというと、御存知の通り戦後50年の時に発表した村山談話は中国や韓国の諜報機関が書いたのかと思うくらいの売国的内容に満ちたものでした。同年1月17日に発生した阪神・淡路大震災時の足手まといぶりは今でも殺意がこみ上げてきます。あの内閣の副総理の紅の傭兵、ボンクラ昼行灯の武村正義の売国三馬鹿トリオはおぞましいです。
菅直人氏は在職期間は約1年でしたが、市民運動家が総理になったようなものです。法治国家でありながら法律を無視したアホーマンスぶりは今でも脳裏に残っています。阪神・淡路大震災時に政権与党の首脳でありながら東日本大震災の迷走ぶりを隠すためでしょうか、自分自身の自己保身丸出しのために打ち出した脱原発政策は未だに国富を流出させているのが現状です。にもかかわらず己の無知無能ぶりを棚に上げて「立憲主義に反し、民主主義国の首相としての資格はない」との妄言はどの口が言うかと、全くもって全身を王水で洗浄してから出直してきてほしいものです。
細川護煕氏は近衛文麿氏のDNAを本当に受け継いだ方だなと呆れるばかりの言動でした。首相在任時のバカ殿の乱心ぶりは記憶に残りますね。大人しく湯河原で隠遁生活を送っていればいいのに、昨年の東京都知事選での地方自治法第1条を全く知らない無知ぶりには、東京都民だけでなく全国民も匙を投げたものです。
鳩山由紀夫はズバリ「音羽のバカ殿」です。田中派→経世会(竹下派)と政権与党の権力の中枢にいながらも全くの政権音痴ぶりには閉口させられました。首相在任時の沖縄県の普天間米軍基地の名護市辺野古沖への移転の際には最低でも県外移転を突然言い出して現在に至る迷走劇を立ち上げたました。
そして今日はソウルで謝罪アホーマンスを行いました。
このバカ殿は首相退任後は我が国に害毒をばらまいて国家国益を大いに毀損させています。世が世なら市中引き回しの上に磔獄門ではないでしょうか。
羽田孜氏は小沢一郎氏に担がれて自民党を脱藩しました。この人は世が世なら…と思います。小沢氏と一緒に行動したことが政治センスが全く無いです。半袖スーツのアホーマンスが有名です。息子に後を託して引退したはずなのに…非常に遺憾です。

「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」はこれで政権に打撃を与えられたと思っているのでしょうが、これは大きな間違いだと断言します。と言うのも提言した5氏ともに在任期間中の実績を考えてみれば「総理の資格」がないです。国家国益を大きく毀損させておいて安倍晋三総理にクレームをつけるのは考え違いも甚だしいです。
日本国憲法第9条の交戦権放棄が原因で竹島を奪い返すことも、北朝鮮当局による拉致被害者を奪還することも出来ないなんておかしい限りです。最低限の有事体制を整備しようとしている安倍晋三首相の嫌がらせというよりも中国や韓国にマインドコントロールされたものでしょうね。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ーじゃなかった。馬鹿は死ななきゃ治らない!
この言葉を5氏に送りたいです。
IMG_0185.jpg
【靖国の杜】
英霊たちは現況の混迷ぶりに何を思うのでしょうか? 
nice!(11)  コメント(0) 

行くぜ、東へ西へ(7)昭和の日の靖國神社 [オピニオン Opinion]

東日本橋の定宿に大きな荷物を預けてから都営新宿線に乗車して九段下へ向かいました。
九段下で下車して向かったのは…
DSC08642.jpg
【第一鳥居】
そうです、靖國神社へ参拝に行きました。
一昨年の春以来2年ぶりの参拝となりました。この「空をつくよな大鳥居」をくぐると靖國に来たなという実感がこみ上げてきました。
DSC08643.jpg
【大村益次郎の銅像】
靖国神社の創建に尽力した大村益次郎の銅像です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

阪神・淡路大震災から20年 [オピニオン Opinion]

今日(1月17日)は6,000人以上の犠牲者を出した阪神・淡路大震災から丸20年。
被災地各地では犠牲者を追悼する集いや当時を振り返るで形で様々な追悼行事が行われました。

私も知人とともに神戸市中央区東遊園地で行われた「1・17のつどい」(神戸市など主催)に行って犠牲者を追悼してきました。
DSC06866.jpg
【西明石行きの207系電車】
この電車に乗車して会場最寄りの三ノ宮駅に5:34に到着します。
この時点では多くの座席が埋まっていた状態でしたが、西に進むに連れて立客が目立ち始めて六甲道や灘では超満員でした。
三ノ宮に到着後急いで会場へと向かいました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

Stupid SOUTH KOREA [オピニオン Opinion]

ソウル中央地検は8日、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を「情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律」(情報通信網法)における名誉毀損(きそん)で在宅起訴しました。
加藤前支局長は8月3日に掲載されたコラムで、韓国南西部で起きた旅客船沈没事故当日、朴槿恵大統領の動静(7時間所在が明確ではなかった大統領の動静をめぐる韓国国内の動き)について書かれたものです。このコラムは韓国の朝鮮日報の引用等に基づいたものでして、本来なら記事掲載元の朝鮮日報の記者も訴追されるべきですが現時点では何もされていません。韓国国会などでも問題となったことであり、大統領自身が公職の身ですので動静が記事になるのは日本では別段訴追になる話ではないです。むしろ加藤前支局長を出国禁止にして自由を奪って取り調べた上で起訴したのは民主主義国家ではあるまじき自体なのです。
しかし事大主義国家でもあり日本に対しては遡及罰をしても許されるという韓国ではアタリマエのことでしょう。韓国の十八番と言っても過言ではありません。日韓基本条約が締結されて戦時賠償権が放棄されたにも関わらず戦時売春婦(いわゆる従軍慰安婦)のことで賠償責任を要求して未だに反日の態度をとっているのは、日本に対しては何をやっても許されるということなのでしょう。朴大統領自身が日本は千年恨み続けると妄言(私は倍以上の2674年恨み続けます)を吐いているのですから時刻のためなら歴史を変えていくという整形国家ならではです。朴大統領は李氏朝鮮末期の閔妃(傾国の王后)とオーバーラップして見えます。去年の大統領就任以降通貨高に見舞われて経済的に厳しい状況の中で旅客船沈没事故の痛ましい事故が発生して国内の矛盾が一気に露呈されてレームダック化しているのが現状かもしれません。今までなら反日姿勢を取れば支持率が上昇したかもしれませんが、今は国際的に孤立化していて手詰まり感が否めません。
こんなことが許される韓国はもはや言動や表現の自由が保証された民主主義国家ではありません。
愚かな愚かな愚かな野蛮な獣の如き国家です。

産経新聞は徹底的に抗議すると社長声明を出していますが私もこの態度を支持します。こんな獣国家が身近にあるのは日本の国家国益を考えれば危機にあるとも言えます。現在韓国は内外的に厳しい状況でいずれは助けを求めてきそうですがそうなっても日本政府はビタ一銭も助けず、落ちている犬は徹底的に叩くという韓国のことわざ通りの態度をとって厳しく接してほしいものです。馬鹿は死ななければ治りませんし。
nice!(4)  コメント(0) 

許せない売国朝日新聞 [オピニオン Opinion]

朝日新聞は8/5、6日の新聞紙上でいわゆる従軍慰安婦問題について一部の記事が事実無根だったことや不正確なことは一応は認めました。
河野洋平官房長官の談話の検証過程が先般安倍晋三内閣より発表されましたが、その中でも日本軍による強制連行の直接的証拠がなかったこと、日韓政府の政治的合意により形成されたこと等が書かれていました。また様々な検証が行われた結果、詐話師吉田清治の証言の記事から始まったいわゆる従軍慰安婦問題も32年を経てようやく売国朝日新聞も不正確なことを認めたのではないでしょうか。
しかしこの一連の記事によって日本の国家国益や名誉が大いに傷つけられたことは事実です。反日工作によってアメリカで事実に基づかない従軍慰安婦像なるものが建てられたり、現地の日本人の人権侵害が発生しています。
ここまで来て裏付けのない記事が世に出され、また何の検証も行われず反日キャンペーンをクオリティペーパーであるにも関わらず行ってきたことは万死に値します。
その上でもお詫びする気持ちはさらさら無いようです。と言いますのも訂正に当たる「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」との表現は特集記事中にあるものの、1面記事にもどの面の見出しにもなく編集担当の杉浦信之氏が書かれている「慰安婦問題の本質 直視を」の見出しが書かれているからです。

(ここでは5日発表の記事を記載します)
■編集担当 杉浦信之
日韓関係はかつてないほど冷え込んでいます。混迷の色を濃くしている理由の一つが、慰安婦問題をめぐる両国の溝です。
この問題は1990年代初めにクローズアップされ、元慰安婦が名乗り出たのをきっかけに議論や研究が進みました。戦争の時代に、軍の関与の下でアジア各地に慰安所が作られ、女性の尊厳と名誉が深く傷つけられた実態が次第に明らかになりました。
それから20年余、日本軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」の見直しなどの動きが韓国内の反発を招いています。韓国側も、日本政府がこれまで示してきた反省やおわびの気持ちを受け入れず、かたくなな態度を崩そうとしません。
慰安婦問題が政治問題化する中で、安倍政権は河野談話の作成過程を検証し、報告書を6月に発表しました。一部の論壇やネット上には、「慰安婦問題は朝日新聞の捏造(ねつぞう)だ」といういわれなき批判が起きています。しかも、元慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者が名指しで中傷される事態になっています。読者の皆様からは「本当か」「なぜ反論しない」と問い合わせが寄せられるようになりました。
私たちは慰安婦問題の報道を振り返り、今日と明日の紙面で特集します。読者への説明責任を果たすことが、未来に向けた新たな議論を始める一歩となると考えるからです。97年3月にも慰安婦問題の特集をしましたが、その後の研究の成果も踏まえて論点を整理しました。
慰安婦問題に光が当たり始めた90年代初め、研究は進んでいませんでした。私たちは元慰安婦の証言や少ない資料をもとに記事を書き続けました。そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました。問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します。似たような誤りは当時、国内の他のメディアや韓国メディアの記事にもありました。
こうした一部の不正確な報道が、慰安婦問題の理解を混乱させている、との指摘もあります。しかし、そのことを理由とした「慰安婦問題は捏造」という主張や「元慰安婦に謝る理由はない」といった議論には決して同意できません。
被害者を「売春婦」などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っているからです。見たくない過去から目を背け、感情的対立をあおる内向きの言論が広がっていることを危惧します。
戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです。
90年代、ボスニア紛争での民兵による強姦(ごうかん)事件に国際社会の注目が集まりました。戦時下での女性に対する性暴力をどう考えるかということは、今では国際的に女性の人権問題という文脈でとらえられています。慰安婦問題はこうした今日的なテーマにもつながるのです。
「過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております」
官民一体で作られた「アジア女性基金」が元慰安婦に償い金を渡す際、歴代首相はこんな一節も記した手紙を添えました。
歴史認識をめぐる対立を超え、和解へ向けて歩を進めようとする政治の意思を感じます。
来年は戦後70年、日韓国交正常化50年の節目を迎えますが、東アジアの安全保障環境は不安定さを増しています。隣国と未来志向の安定した関係を築くには慰安婦問題は避けて通れない課題の一つです。私たちはこれからも変わらない姿勢でこの問題を報じ続けていきます。

自分たちが付け火しておいて心から反省する気はさらさらなく、いけしゃあしゃあと「自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っている」と責任を転嫁したり、「慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」と論点をすり替えて上から目線での言い方を未だにしている態度には虫酸が走ります。海外でいわゆる従軍慰安婦が性奴隷(sex slave)と言われている事実にどう思われるのでしょうか?まあ大東亜戦争の敗戦以降は日本の国家国益を大いに毀損させて支那(北京政府)や韓国の意向を大いに重視してきた売国新聞らしいのではないでしょうか。
売国朝日新聞は今まで我が国の世論をミスリードしてきました。クオリティペーパーだの綱領で不偏不党の地に立って言論の自由を貫き、民主国家の完成と世界平和の確立に寄与するなどと謳いながらも日米安全保障条約の締結や集団自衛権を限定的に認めることに対して批判的な論調や記事ばかりを掲載してきたのが現実です。結果売国朝日新聞の論調が誤りだったことは歴史が証明しています。
不祥事を起こせは売国朝日新聞は責任追及に血眼になってきました。そうならば率先垂範して自社で行うべきです。手始めに文化事業の主催や協賛を一切の区別なく止めるべきです。特に阪神甲子園球場で毎年夏に開催されている全国高等学校野球選手権大会から一刻も早く主催者から撤退すべきです。フェアプレーが特に重視される日本を代表する国民的スポーツでもある野球に売国朝日新聞の今までの行為は全くふさわしくないからです。むしろスポーツを冒涜しているとも言えます。
その上で反省や検証を国会を交えて行うべきです。言論の自由が侵されると報じている一部メディアがありますが、反省や検証を行うことなく我が国の国家国益を大きく毀損させてきた大罪に対して国権の最高機関でもある国会が行うことは当然の行為であります。当然売国朝日新聞(当然元記者の植村隆氏も含みます)だけでなく福島瑞穂氏や河野洋平氏も含みます。
最終的には自浄能力が全くない売国朝日新聞は解散して清算されるべき会社です。何か不祥事が発生すると責任追及に血眼になってきた売国朝日新聞ですので、それは当然です。その前に日本政府が不当な要求に屈して支払ってきた多額の資金を慰謝料や累積利子を含めて資産(フェスティバルホールなど)を売却して賠償するのが先ですが。
nice!(4)  コメント(0) 

台風8号 [オピニオン Opinion]

大型で強い勢力の台風8号が沖縄へ接近しています。
気象庁が沖縄県内に大雨、暴風、波浪、高潮の特別警報を発表しました。この台風8号は10日にも九州へ上陸して、12日には本州を縦断する予定だとのことです。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
これから上陸する可能性のある地域の方には不測の事態に対する備えを忘れないでほしいことと、注意して情報収集をしてほしいです。危なくなったら速やかに避難して下さい。
nice!(7)  コメント(2) 

冬の桜 (12)沖縄の2大新聞ー腐れ外道で不逞な輩 [オピニオン Opinion]

沖縄には琉球新報と沖縄タイムズの2大痴呆、いや地方メディアがあります。
どちらも期待に反することのない売国的な論調を主導しています。
DSC05894.jpg
【沖縄タイムズ本社】
県庁前から至近の距離に位置しています。
近代的な建物なのですが…




続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

安倍首相靖国神社参拝 [オピニオン Opinion]

安倍首相は26日午前11時30分過ぎに靖国神社に参拝されました。
現役の首相としては小泉純一郎氏以来の事です。また本殿参拝とは別に、靖国神社内にある「鎮霊社」も参拝されました。なお鎮霊社は、靖国神社に合祀されていない国内外の戦争の犠牲者を慰霊していています。
DSC01757.jpg
【靖国神社】
DSC01751.jpg
【夕暮れの靖国の杜】

第2次安倍内閣発足から1年が経過して参拝された意義は大きいです。尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福を祈念されるのは当然の事です。
支那(北京政府)や韓国が安倍首相の靖国神社参拝に対して批判的です。また侮日新聞こと変態毎日新聞や売国新聞、じゃなかったチョンイル新聞といったプロパガンダも煽ってますが、一体どこの新聞なのか憤りを感じます。全身を王水で洗浄してから出直してきてほしいものです。
この1年色々な事がありましたが、最後の最後で安倍首相が靖国神社だけでなく鎮霊社にも参拝されたことは意義深かったのではないでしょうか。
nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | - オピニオン Opinion ブログトップ