So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
航空 Airline ブログトップ
前の10件 | -

春節の帰省 (Final)さらばCRJ200 [航空 Airline]

福岡から大阪まではJL2056便で戻りました。
DSC02388.jpg
【10番ゲート前】
今回はタラップを利用して乗り込むことになりました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

飛行機降りたら… [航空 Airline]

先日所用で福岡空港を利用した際のことです。
IMG_4136.JPG
【ボーディングブリッジを出たところ】
エスカレーターで3階へ上がります。
IMG_4140.JPG
【3階より撮影しました】
現在福岡空港では国内線ターミナルビルの改造工事が進められています。
出発は従来通り2階からですが、到着客は一旦3階へ上がってから1階へと進みます。
但し、これはボーディングブリッジを利用した場合に限られます。タラップを利用した場合はバス移動になります。
なぜに上がるのでしょうね…
nice!(4)  コメント(0) 

春節の帰省 (4)A320neoで行く山陽路 [航空 Airline]

アナウンスが流れて私はNH1709便へと乗り込みました。
DSC02214.jpg
【客室内】
荷物棚下の青のラインが印象的ですね。
DSC02215.jpg
DSC02216.jpg
【普通席】
3−3列がけの座席が設置されています。標準仕様ですね。
各席にパーソナルディスプレイとコントロールパネルが設置されています。
国際線使用機材ですので、近距離であっても抜かり無く設置されています。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

帰宅しました [航空 Airline]

夕方過ぎに帰阪しました。
実家滞在中は墓参、デイケアの人との面談、そして県民税や市民税の申告手続などに追われました。
1月帰省できなかったので、春節の時期に佐賀へ行くことが出来て良かったです。

昼過ぎに出発して、改築工事が進む福岡空港へと足を進めました。
今回の搭乗手続が2FのJGCカウンターでした。つい先日供用開始したとのことです。
DSC02356.jpg
【JGCカウンター】
自動ドアの向こうはJGCカウンターです。手荷物預けたらすぐにセキュリティーチェックでした。
柘植クンの会社ではこのようなサービスは難しいでしょうね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

さよならSWALジェット&CRJ200 [航空 Airline]

JTAで運航されていた「SWALジェット」が退役したと、複数の航空メディアが報じてます。
この機材は1999年6月にJEX(現在のJAL)に登録されたB737-400型機です。2009年にJEXからJTAに移籍しました。
当初はアーク塗装・JEXタイトルのまま飛んでいましたが、2013年3月から「SWALジェット」となり、往年の南西航空カラーを纏って運航されていました。
この塗装は、1978年12月に同社初のジェット旅客機737-200の就航と同時に導入されました。明るいオレンジ色の流線型ストライプが入ったデザインが特徴で、1993年に現社名に変更するまで用いられました。いかにも南国沖縄にマッチした塗装だったように思いますが、アーク塗装や鶴丸塗装の機材の中ではかなり異彩を放っていたように思えます。そういえば、旧石垣空港の最終フライトにも充当されてました。
昨日(1/30)に名古屋(中部国際)ー那覇間のフライトで退役したとのことです。
DSC00694.jpg
【一昨年5月に福岡空港にて】
正面から撮影したものです。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 

去りゆく名機 [航空 Airline]

今月末でJ-Airの名機でもあるボンバルディアCRJ200が引退します。
DSC00515.jpg
【CRJ200】
昨年春に帰省した際に福岡空港で撮影しました。
乗降用ドアに組み込まれていた階段を利用しました。
DSC00491.jpg
【JTAのB737-400】
JTAの屋台骨を支えてきた機体です。特別塗装機です。
後継機の800型機の導入が進む中で、将来的には姿を消すと思います。

帰省や旅行でお世話になった機体です。
最後の最期まで安全運転をしていただきたいと思います。
nice!(6)  コメント(0) 

J−AirのCRJ200退役へ [航空 Airline]

J-Airのリージョナル機のCRJ200が来年1月末で退役することになりました。IBEXでは今年9月に退役しましたので、日本のキャリアからは来年で姿を消す事になります。
私は帰省の際に大阪ー福岡線で利用しましたので愛着があります。1クラス50人乗りの小型機でしたが、J-Air初のグラスコックピット機で、全国各地を飛び回った機材でした。従来のプロペラ機のジェットストリーム・スーパー31型機に比べて、座席数は19席から50席へと大幅に増加しました。100人弱の機材を運行させているJ-Airですが、現在の成長を支えてきた屋台骨だった事実は忘れないでほしいですね。
DSC00714.jpg
【福岡空港で撮影したJ-Air】
乗降用ドアには階段が組み込まれています。空港によってはタラップやボーディングブリッジが対応されてない場合があるからです。
DSC00725.jpg
【座席】
革張りの座席がいいですね。
DSC00747.jpg
【大阪空港で撮影しました】
ボーディングブリッジにも対応しています。

愛娘が昨年初めて帰省した際に利用した機材でもあります。
興奮した泣いたかと思ったら、母親に抱かれて寝たり父親顔負けのマイページぶりを発揮してました。
nice!(7)  コメント(0) 

IBEX AirlinesのCRJ200退役へ [航空 Airline]

IBEX AirlinesのCRJ200が今月27日に退役しました。
DSC09831.jpg
【CRJ200】
伊丹空港で撮影しました。
ANAとのコードシェア便として福岡線などで運航されてきました。50人乗りの機材です。
DSC07256.jpg
【CRJ700】
CRJ200の後継機です。
70人乗りの機材です。福岡空港で撮影しました。

成田でも見かけましたが、よく頑張ったなと思います。
お疲れ様でした。

なお、国内ではJAL傘下のJ-Airでも5機運航されてますが、今年度中に退役が計画されています。
撮影はお早めに。


nice!(3)  コメント(0) 

懐かしのアーク塗装機 [航空 Airline]

日本航空(JAL)では経営再建の際に以前使用していた鶴丸塗装を復活させています。
現在ではほとんどの機材が鶴丸塗装をまとっています。

かつて日本エアシステム(JAS)との合併の際に新塗装として採用されたのが、アーク塗装でした。
太陽の弧:The Arc of the Sunと名付けられた新塗装は、アメリカのランドー・アソシエイツがデザインしました。
DSC00611.jpg
【エンブラエルE70】
ブラジルのリージョナルジェット機です。J-Airが運航しています。
DSC02543.jpg
【JEXのB737-400】
グループ企業のJEXの塗装ですが、運航はJTAです。-800型機への置き換えが進められています。

続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 

生きてゐるジンベエジェット [航空 Airline]

なかなか更新出来ていませんので、撮影した画像を小出しに掲載しています。
どうかご容赦を m(__)m

今月帰省した際に福岡空港で撮影しました。
久々にJTAのジンベエジェットを目撃しました。
DSC00491.jpg
【ジンベエジェットのB737-400】
那覇行きの機材です。美ら海水族館とタイアップした機材です。機体全体にジンベエザメが描かれていますね。
現在JTAでは後継機材として-800への置き換えを進めています。後継機へもこの特別塗装が受け継がれることが決まっています。
DSC00509.jpg
【SKYのB737-800】
昨年客室乗務員の制服を一新させたSKYのB737-800です。
特別塗装機「ヤマトジェット」です。来年夏まで就航している予定とのことです。
DSC00484.jpg
【ANAのB787】
ANAの主力機材です。
国内線だけでなく国際線にも就航させています。

福岡空港は北部九州の拠点空港です。伊丹ではなかなか目にすることが難しい機材もチェックできるので、帰省のたびに撮影しています。
帰省時の数少ない私の楽しみでもあります。
nice!(6)  コメント(0) 
前の10件 | - 航空 Airline ブログトップ