So-net無料ブログ作成

久々の九州 (4)玄界灘を見て(唐津→博多間)【8/13】 [旅行・観光 Travel&Sightseeing]

 唐津からは博多へ向かいます。今回乗車したのは103系1500番台3両編成の筑前前原行きです。

【ご存知虹ノ松原です】
 浜崎を過ぎると玄界灘のきれいな車窓が見えてきます。

【なかなか撮りづらいのですが、シャッターチャンスを狙って撮りました】
 福岡県側へ入ります。まだまだ田舎の風景が続きます。

【(左)福吉駅 (右)大入駅の各駅名板。福吉→大入の乗車券等は受験生に撮っては縁起を担ぐものとして人気があるそうです】

【筑前前原駅に停車中の103系1500番台】
 電車は筑前深江までは風光明媚な玄界灘や長閑な風景が続いていましたが、アパートやマンションが目立つようになり、そのうちに筑前前原駅に到着しました。

 筑前前原からはJR九州の303系を利用しました。筑前前原ー姪浜間の輸送力増強による複線化に伴い運転本数を増やす必要に迫られて投入したものです。

【(左)姪浜駅に停車中の303系 (右)運転席のモニター】

【303系の内部です。洋式トイレを設置しています】
 電車は今宿などの複線区間を通って姪浜に到着しました。ここからは福岡市営地下鉄空港線に入ります。車掌や運転手の交代があり、いよいよ地下区間に入ります。西新、天神、中洲川端を通って正午過ぎに博多に到着しました。
 虹ノ松原、浜崎から大入過ぎの玄界灘の風景は天候が良かったせいか格別でした。最近は高速バスに対して劣勢ださそうですが、長閑な旅もいかがでしょうか。但し筑前前原を過ぎると乗降客が多くなりますが。

追記 この記事で"UZ's View"も平成17年9月の開設以来500件に達しました。私自身まさかこれだけ続くとは思っていもいませんでした。
 日頃からのアクセスに心から御礼申し上げます。今後とも何卒宜しくお願いします m(_)m


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 2

岸田法眼

103系1500番台は不思議な車両で、なんで203系にしなかったのかが不思議ですね(車体側面が203系と同一ですが、アルミと鋼製の違いはありますが)。

JR九州はすべてトイレつきにしたそうですが、相互直通先の福岡市交通局はないのが残念なところですね。

記事が500件ですか。私は300回になったばかりなので、とうてい追いつくことはありませんが、あせらず、コツコツ、マイペースで頑張ります。
by 岸田法眼 (2007-08-15 21:54) 

UZ

岸田法眼さんNice!&コメントありがとうございます。

103系1500番台は当初の内装はほぼ同じような時期に登場した201系と同じような気がしましたが。

福岡市交通局の車両は遠くても筑前深江までで唐津までは行かないのでトイレは設置してないのではないでしょうか。そもそも設置するには処分場を造らないといけないので費用がかかりますし。

今後とも宜しくお願いします。
by UZ (2007-08-16 22:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1